投資未経験者にとって選ぶべき銘柄なんてわかるわけがありません。そんな株初心者でも分かるように簡単な投資方法を説明します。

  • ホーム
  • 株式市場を事前に調査する

株式市場を事前に調査する

グラフ

株式投資を行う場合は、特定の銘柄を選んで投資をするのが一般的です。
株式市場には非常に数多くの銘柄がありますので、それらを事前にしっかりと調査することで自分の投資目的に合った銘柄を選択するという作業が非常に大切です。
株式投資には大きく分けて二種類の利益の生まれ方が存在しています。
一つはインカムゲインと呼ばれる収入で、株式投資では配当と呼ばれています。
そしてもう一つはキャピタルゲインと呼ばれる値動きに伴って生じる利益です。
これら二つの利益をどのように追いかけるかという方針が銘柄を決定する一つの判断材料となります。

まず前半のインカムゲインですが、安定した業績の大企業の中でも高配当の銘柄を選んで投資をする方法に人気があります。
大企業の株式は価格が安定しているのに加えて高配当を継続的に出し続けている傾向があります。
そのため銀行の定期預金に比べると非常に割の良い収入を得ることが出来る可能性が高いのです。
株式ですので価格の変動はありますが、大きく暴落しない限りは半期ごとに配当を生みだす非常に魅力的な存在となるのです。

一方キャピタルゲインの方は株価の変動による売却差益を稼ぐという方法で得ることの出来る利益です。
この目的を達成するためには広く社会情勢に意識を向けて成長の可能性が高い銘柄を絞り込まなければなりません。
例えば新商品やサービスが発表された場合にその方向性にいち早く将来性を感じることが出来れば大きな値上がりの恩恵を受けることが出来ます。
この様な売却差益を得ることが出来るのも株式投資の魅力です。
これらのどちらの利益を追求する場合も大切なのは様々な銘柄の情報をしっかりと事前に調べておくということです。