投資未経験者にとって選ぶべき銘柄なんてわかるわけがありません。そんな株初心者でも分かるように簡単な投資方法を説明します。

  • ホーム
  • 世界の株に影響を与えるシェールガスとASX

世界の株に影響を与えるシェールガスとASX

シェールガスとは、地層から採掘される天然ガスです。
シェールガスは粒子が細かい岩盤に存在しているために、それを回収するのは非常に難しく、高度な技術が必要であったためにかつては採掘ができませんでした。
しかし、採掘の技術が進歩したことによって注目を集めるようになってきたのです。
埋蔵量は現在でも十分にあると考えられていて、もしも世界に埋蔵されているものをすべて採掘できれば、200年以上は使うことができると考えられています。
日本では、もともとこのような時代の地層がないために、埋蔵量はあまりないと考えられています。

日本の企業は海外に進出して事業に参加しています。
シェールガスに関連して株が売られたり買われたりしていて、否定的な見方をする向きもあるようですが、新しい産業が生まれるときにはこのようなことが起こるものです。
否定的な見解としては、ガス価格の低下です。
大量に採掘されたことによってガス価格が低下し、それによって収益が悪化する企業も出てきました。
当初は地球に優しいと言われてきたのですが、現在ではメタンの発生量が大きくなることもあって、現在では問題視されつつあります。

シェールガス関連の企業はオーストラリアにもあって、ASXに上場しています。
ASXはオーストラリアの唯一の証券取引所で、現在はほかの証券会社と同じように電子化がなされています。
また、証券取引所自身も同じ証券取引所に上場しています。
同じ系列としてシドニー先物取引所があります。
ですから、オーストラリアの金融・経済の中心となっている証券取引所だと言えるでしょう。
指数としてはSアンドP/ASX200が有名で、オーストラリアを代表する指数となっています。